骨の病気の悩み解決サイト

スポンサードリンク

カルシウムの効果と食品

 

 

 

カルシウムの効果と食品

 

 

カルシウムの効果

 

1) 歯や骨の成分には、多く含まれ、特に骨の場合には、その主成分にもなっていますのでバランスよく摂取する

 

と、歯や骨を頑丈にする事ができます。

 

 

 

2) 筋肉の細胞にとっては潤滑油のような機能を果たす成分なんです。しかし、カルシウムが欠乏すると、筋肉が

 

けいれんを起こしたり、こわばりやすくなってしまいます。ですからスポーツ選手が自分のパワーを最大限発揮す

 

るには、摂取が欠かせない成分なのです。

 

 

 

3) カルシウムが不足するとイライラなりやすいと言われていますが、これは、直接の原因ではなく

 

  カルシウムが不足すると骨からカルシウムが溶け出し、肉体的にバランスの調子がくずれ、

 

  それによって精神状態が正常ではなくなるんです。それがイライラの原因なんです。

 

  ですから、精神状態を安定させるためにはカルシウムの摂取が欠かせないのです。

 

 

 

4) カルシウム不足と肩こりの関係が明らかになっています。

 

カルシウム不足により、骨からカルシウムが溶け出し、それによって筋肉、骨格のバランスがみだれ、

 

それによって肩こりの原因を引き起こします。常日頃からカルシウムをバランスよく摂取していると、肩こりの予防になります。

 

 

 

5) 毎日、必要な分だけ摂取することによって、 脳や筋肉は正常に働いてくれます。つまり、毎日の摂取量を考

 

えた食事を心がければ、脳が正常に機能するため、ダイエット独特のイライラも軽減されます。また、規則正しく

 

ダイエットをする事と同じようになるのです。

 

 

 

「カルシウムが多く含まれている食品」

 

 

 

乳製品: 牛乳 チーズ ヨーグルト

 

野菜:  大根 小松菜 モロヘイヤ

 

魚:    ししゃも わかさぎ いわし しらす

 

 

 

※ カルシウムを上手に摂る方法は、吸収を手助けする栄養素、ビタミンDと一緒に摂ることです。カルシウムは体に吸収

 

されにくい性質がありますので、ビタミンDと一緒に摂ることによって、吸収の手助けをすることができます。

 

それ以外には、日光を浴びることです。私たちが必要とするビタミンDの半分くらいを得ることができます。

 

ちなみに、ビタミンDが多く含まれている食品はさんま、さば、しいたけ、まいたけなどがあります。

 

 

 

以上を参考にしてカルシウム不足を補ってください。

スポンサードリンク